その他

Ubuntu20.04でNvidiaのドライバーを入れたときの問題の対処法

先日Ubuntu 20.04をインストールし使っていますが、少々問題が起きています。

その一つとしてNvidiaのドライバーのインストールで問題が起こったので書いておきます。

注意

まず間違いなく時間が経てば解決される問題です。2020年4月26日時点で発生した問題ですのでご注意下さい。

 

Nvidiaドライバーインストール

UbuntuでNvidiaのドライバーをインストールする際は以下のコマンドで推奨されているドライバーを調べます。

ubuntu-drivers devices

すると 「non-free recommended」のように推奨ドライバーが表示され、それを(autoinstallコマンドなどで)インストールするという流れが一般的かと思います。

 

今回私の環境では「nvidia-driver-440」がrecommendedになっていたためインストールしたのですが、その後画面が表示されない状態になりました

補足

ちなみに私の場合CPUの内蔵グラフィックスとグラフィックカードのそれぞれを使って、2画面表示をしているという構成です。デュアルディスプレイ固有の現象かどうかは確認していません。

解決法

結論から言えば推奨とは表示されていない「nvidia-driver-435」に切り替えたところ表示されるようになりました。

 

以下の画像の様にSoftware & Updatesから変更できます。

Additional Driversタブを選択すると読み込みのあとドライバーのリストが表示されます。

nvidia-driver-435を選択するとグラフィックカードを使った画面表示が出来るように戻りました。

 

正常に動作している方もいるようですので、私の環境だけの問題かと思いましたが、以下のような書き込みもあるようです。

 

おそらくすぐに修正されるかと思われますが、困っている方もいるかもしれないので記事にしておきます。

 

 

それでは。

この記事は参考になりましたか?

下記のボタンよりアンケートにご協力お願いします。

-その他
-

© 2020 エンジニアの本棚